カテゴリー ‘開院後の状況’の記事

アトピー性皮膚炎の新しい治療「デュピクセント」

2019-08-28

8月から当院でもアトピー性皮膚炎の新しい治療「デュピクセント」を始めました。
既存治療(ステロイド外用剤や抗アレルギー剤内服など)と比較すると、格段に痒みや赤みのコントロールがよいと言われています。
重篤な副作用の報告も少なく、既存治療でコントロール不十分な患者さんには新たな選択肢となるのではないかと思います。

患者さんによりますが、治療費が高額になることが欠点です。
詳しくはこちら

昨年までは近隣では総合病院のみでの取り扱いになっていましたが、午後にしか来院できない方や遠方で治療を受けることが困難であった方などのお力にすこしでもなれたら幸いです。

ビマトプロスト再開しました!

2018-11-07

供給停止のため一時取り扱いを休止しておりましたビマトプロストですが、このたび入荷完了いたしました。

多くの方にお待たせしておりましたことお詫び申し上げます。

すでに取り扱い開始しておりますので、ご要望の方はお申し出ください。

【重要】 診療日変更のお知らせ

2018-06-21

みなさんこんにちは。
院長の神吉です。
先日からお伝えしておりました木曜日午前診についてのお知らせです。

7/19(木)より、木曜日午前の診療が廃止となります。

どうしても代わりになる医師が見つからず、このような判断となりました。
木曜しかご来院いただけない方にはご迷惑をおかけいたしますことお詫び申し上げます。

木曜日の担当医師変更について

2018-05-22

5/24より、木曜日午前の副院長診察は、諸事情により当面は院長が代診することになりました。
今後の見通しにつきましては随時院内掲示およびこのホームページのお知らせで掲載いたします。
大変ご迷惑をおかけいたしますがご理解のほどお願い申し上げます。

開院1周年

2015-07-31

こんばんは。
神吉です。

早いもので,本日をもって開院1年が過ぎ去りました。
怒濤のような早さで過ぎた1年でした。

夏休みと言うことで,毎日多くの患者様がお見えになる中,ご予約のとれなかった方の待ち時間が長くなっておりますこと,お詫び申しあげます。

1年を振り返って,十分な診療ができたかというと,自分なりには精一杯がんばったのですが,体がついてこないといったところでしょうか。
遅い日は夜9時近くまで診察をしていることもありましたが,夜6時を越えると,手も口も急に動かなくなってきます。また,頭も「オーバーヒート」の状態になって煙が出ていることもしばしばありました。
まだまだ必死すぎて,毎日の仕事を楽しむレベルには達していません。
最近は手も腱鞘炎になってしまいました。

でも,今改めて文章にしてみて思ったことがあります。
今はまだ楽しく感じることができなくても,自分の全てをぶつけることのできる職場で働けることは,実は幸せなことだなぁ,,と。

かんき皮膚科もようやく1歳になり,つかまり立ちからよちよち歩きを始めました。
スタッフも頑張り屋さんがそろっています。多くの人と一緒に成長していますので,これからも宜しくお願いいたします。

塗ってのばす,まつ毛エクステ始めました

2015-07-01

今日はまつげをもっと長くしたいという方へ,おすすめの情報です。

最近,つけまつげの副作用で目のかゆみ,かぶれを起こして来院される方が増えています。
つけまつげの接着剤に含まれるシアノアクリレートは接触皮膚炎を非常に起こしやすく問題となっています。
『まつげは伸ばしたい,でもつけまつげはかぶれるのでできない,,,,,』
こういった悩みをお持ちの方も少なからずおられるのではないでしょうか。

もし自分のまつげが増えたり,伸びたりすれば,それはいちばん自然な形であり喜ばしいことですよね。
そこで今日は塗るまつ毛エクステを紹介します。

もともと『緑内障・高眼圧症治療薬を使用している人のまつげがフサフサしてきた』という副作用に着眼して始まったのが『まつ毛貧毛治療』です。
最近,緑内障治療薬に含まれるビマトプロストという成分がまつげを長くする事が知らるようになり,日本でもグラッシュビスタという名称で厚生労働省から承認を受けています。
そして当院でもいよいよビマトプロストの治療を開始しました!

まずその効果ですが,
特発性睫毛貧毛症に対する4ヶ月の使用期間で
【改善率】 77.3%       プラセボ群17.6%
【長さ】 24%アップ(平均値) プラセボ群-1%
【太さ】 45%アップ(平均値) プラセボ群-1%

という値で,十分おすすめできるのではないでしょうか。

また,同時に抗癌剤などによる脱毛に対してもある程度の効果を期待できます。

使用方法
1日1回,専用ブラシに1滴しみこませて,上まつ毛の生え際に塗布します。
頻繁に塗布しても効果が促進されませんので,1日1回を超えて塗布しないでください。
一度使用したブラシは再使用しないでください。(感染のもとになります)

気になる副作用ですが,
黒目が濃くなる(0.2%),まぶたの黒ずみ(3.4%),かゆみなど(2%以上)などで,
まつ毛の生え際以外についた薬は速やかに拭き取るか洗顔するようにしてください。

料金は専用のアプリケータ-(ハケ)が付属して約1ヶ月分で6000円(両目,税抜き)となっています。

自分のまつげをもっとボリュームアップしたい方は是非ご相談ください。

新しい巻き爪治療をはじめました

2015-03-20

ご無沙汰しております。神吉です。

今日は当院で新しく導入した巻き爪治療をご紹介します。

 

まず巻き爪とはどのような疾患なのか,から説明したいところなのですが,とても長くなりそうなのでこちらは今日は割愛します。ただ,巻き爪と陥入爪はにているようで異なる概念であることは知っておいていただきたいです。

まず「巻き爪」とは爪が丸まって生じる変形を指します。時々お年の方で爪が絵巻物のように丸まっている方もいらっしゃいます。

では「陥入爪」とは何でしょうか?

陥入爪とは爪の一部が陥入(食い込み)して痛みや炎症を引き起こした状態を指します。つまり,巻き爪などの爪の変形から痛みを生じれば陥入爪になります。逆に,巻き爪がなくても陥入して痛みを起こせば陥入爪といえます。

当院では巻き爪には形状記憶チタン製ワイヤーを用いたワイヤー法,爪の幅を狭く形成し直すフェノール法などを行っております。また陥入症状によっては人工爪を作成して陥入を解除する事もしていました。

しかし,ワイヤー法は爪を短く切っている方には行う事ができません。

そこで今回,新しい治療として「コレクティオ」という巻き爪矯正器具を導入しました。

詳しくはこちらをごらんいただければ幸いです。

痛みが少なく,十分効果も期待できる治療ですが,一つ欠点があります。それは自費診療となることです。

ご自分の巻き爪がきになる方は一度お気軽にご相談ください。

【重要】診療時間変更のお知らせ

2015-02-28

こんにちは。院長の神吉です。

突然ですが,診療時間が変更になりますのでお知らせいたします。

平成27年4月1日より,土曜日午後の診察が無くなります。

土曜日は午前診(8:30~12:00)のみとなりますのでご注意ください。

土曜午後をご利用いただいておりました患者様には大変ご迷惑をおかけいたしますが,
なにとぞご理解のほどお願い申しあげます。

◆◆◆新規看護師募集中 求人情報◆◆◆

2015-02-24

いつも当院をご利用いただき有り難うございます。

今日は職員募集のお知らせです!

 

現在かんき皮膚科では看護師を雇っておらず,私と副院長が医療行為の全てを行っておりました。

今後春にさしかかり,徐々に患者さんの数も増えていくことが予想されます。

傷の処置や採血など,看護師さんでも行う事ができる行為は多く,待ち時間を少しでも短くするために看護師さんを募集することになりました。

 

かんき皮膚科を助けてあげたい,かんき皮膚科で働きたいと(少しでも)お考えの優しい看護師さんにお知らせです。

<当院の特色>

初めての看護師さん募集です

自分らしく働きたい,自分の今までの経験やシステム面での知識を生かして新しくシステム作りをしたいといった意欲的な方にぴったりです。

正看,准看は問いません

やる気のある方を大募集します。年齢も気にしません。

美容もやってます

看護師さんには美容処置後の軟膏塗布や患者説明なども是非お願いしたいと考えています。当院では実際にスタッフに美容レーザーなどの処置を受けていただき,実体験をもとにしたしっかりした知識を身につけていただきます。美容体験目的で働きに来られるのはあまりうれしい事ではありませんが,美容に興味をお持ちの方は大歓迎です。

ハイレベルの皮膚治療に参加

ホームページ内でも書いていますが,当院ではしっかりした知識と実績に裏付けられた治療を行うよう心がけています。かんき皮膚科で働いていると胸を張って言えるような,そんな病院を一緒に作っていきませんか?

詳しくはハローワークで募集中です!

 

☆お知らせと自己紹介☆

2014-11-26
☆お知らせと自己紹介☆

しばらくブログを更新できず、申し訳ありません。
今日は、木曜日の診察を担当させていただいています神吉聡美が、院長にかわり、お知らせを書かせていただいております。
宜しくお願いします。

今日は、お問い合わせが多い二点についてお知らせをいたします。

<1.完全予約制ではありません>
予約がなくても受診できます。
患者様の待ち時間を少なくするため、三十分間に五名様の予約枠をおとりして予約優先制としています。
予約がいっぱいでやむなく予約をおとりできない場合、または、直接来院された場合は、予約外患者様となり待ち時間は長くはなりますが、きちんと診察をさせていただいております。
いつでも安心してお越しください。

<2.お薬の処方希望の場合も可能です。>
再診の患者様で、前回の薬と同じものを処方ご希望の場合、通常の診察より優先的に診察いたします。
お薬処方の場合は、診察室にて以下の確認が必要となります。
皮疹の状態、症状に、お変わりがないか、また、お薬の種類によっては、漫然と使用してはいけない場合がありますので、その説明など必要になります。ご了承ください。
受付または、お電話でお薬のみ希望とお伝えください。


最後に、私の自己紹介です。

兵庫県豊岡市生まれ。
豊岡市立北中学校卒業。
岡山白陵高校卒業。
神戸大学医学部医学科卒業。
神戸大学皮膚科入局。

好きな食べ物はカツカレーです。
三児の母でもあります。
木曜日午前診を担当していますが,時々後ろで院長の診察介助や2診での診察もしています。
宜しくお願いいたします。
« Older Entries